奈良・大和郡山でスポーツアロママッサージが受けられるアロマサロン


by hananeworld

柔軟剤

今日の新聞で、「柔軟剤香りすぎ注意」という記事がありました。

最近、柔軟剤の香りの種類がたくさん増えていますね。
それと同時に、その香りのきつさにうんざり・・・
なんて方の話も聞いたりします。

また香料で肌がダメージを受けた、ということも聞きます。

洗濯物を部屋干しすると、匂うよね~、と、
今日もママ友と話をしていましたが、
そういった対策のために柔軟剤は一役買いますが、
香りを増すために、柔軟剤の使用量を目安の表記より
多く入れたりするかたも多いそうです。

私は、お友達のお子さんがが洋服を汚したときに、
自分の子供の服を貸したことがありますが、
柔軟剤たっぷりで洗っていただいたのか、
何度も洗濯し直さないといけないくらい香りがきつかったことがあり、
自分が使うときは、柔軟剤はむしろ少な目に計っています。

あ、でも逆な場合もありました。
子供に洋服のおさがりをいただいた際、
その洋服の香りがすごくよくて、
タンスにしまっておき、引き出しを開けるのが楽しみなこともありました。

香水もそうですね。
すれ違うときに、ふわっと香るのは魅力的ですが、
その人がどこにいてたかわかるくらい香水を使う方は少し迷惑な気もします。

香りを扱っている者としては、
少々耳の痛い話ではありますが、
「ほんのり香る」、「ほどほどに」というのが一番ということでしょうか。
人それぞれで好きな香りも違いますし、
他人にも配慮が必要なんですね。

手前ミソな話ですが、
精油を使って作っていただいた香水をはじめ、
クラフト類は、比較的、自然な香り方だし、
イヤじゃない、とよく言っていただいてる気がします。
なので、これからも、「自然な感じ」を大事にしていこうと思います。
[PR]
by hananeworld | 2013-10-25 19:26 | ハナネのつれづれ