奈良・大和郡山でスポーツアロママッサージが受けられるアロマサロン


by hananeworld

おいしいハーブティ

夫も長男も花粉症(おそらく次男も)の我が家。
花粉のシーズンは、長男は鼻がムズムズ、かゆくなってはこすり
鼻血ブーを繰り返していました。
ひどいときは毎朝お布団のシーツに大量の血が(涙)

ということで、今度こそ体質改善に挑戦しようと決心しました。

後手後手の対処療法でやってきましたが、
次の花粉のシーズンは少しでもマシになってほしいと思ってです。

ハーブティでアレルギー緩和の効能があるものを
ピックアップし、それを飲ませよう!!

ただ、ハーブティをうまく入れれたことはあまりなく、
サロンやレッスンに来ていただいたお客様には、
無難に紅茶にハーブをブレンドしてお出ししていました。

こんなんではなぁ、と反省し、
おいしいハーブティの入れ方のコツをネットで検索しているうちにヒットした
ハーブティを扱っているお店に行ってみることにしました。
イメージでは、ハーブティがズラーッと並び、
あれこれ悩むほどの種類が置いているものと思っていましたが、
お店に置いてあったのは、メジャーなハーブが十数種類ほどと、
そのお店でブレンドしたハーブが数種類。
おそらくお願いすれば仕入れていただけるのでしょうが・・・。
あ、そうなんや。
と拍子抜けした感じでした。
でも、お店の方にお話を聞いていると、
「ハーブの薬理成分を期待して、苦くておいしくも思わないハーブを飲み続けるなんて、
苦痛でしょう?だからおいしくブレンドしたハーブをおすすめしているんです。」
とのことでした。

私は大切なことを忘れていたことに気づきました。

「おいしくハーブティを飲む」ということ。

いくら体に良くても、おいしくないものを毎日続けるなんて無理ですよね。
それぞれのハーブのデトックス作用を利用し、いろいろなおいしいハーブティを飲むほうが
ずっと体にも心にもいいということをそのお店で教わりました。
これからは気負わずにハーブティを飲むことを続けられそうです。

ハーブということばでヨーロッパのものをイメージしますが、
ドクダミやハトムギやウコンもハーブの仲間です。
こういうお茶もたまに飲むといいですね。

ますますハーブっていいいやん。と思いました。
ということで、早速、ハーブを大切にしないと!と思い立ち、
庭に伸び放題になっていたミントを刈り込んでみました(単純!)
[PR]
by hananeworld | 2011-10-15 15:58 | ハナネのつれづれ