奈良・大和郡山でスポーツアロママッサージが受けられるアロマサロン


by hananeworld

日焼けケアについて その1

突然ですが・・・
今回から3回にわたって日焼けケアについてのお話をしたいと思います。
ここ2、3日はちょっと寒いくらいですが、
天気予報を見ていると、今週もだんだん暑くなっていくようです。
これから夏を迎えるにあたって
少し日焼けケアについて知っていただけたらな、
と思って書いてみることにしました。
1回目は日焼けケアの基本、です。

日焼けケアの基本、それは実は洗顔なんです。
普段、クレンジング、洗顔はされていると思います。
洗顔の目的は、肌の表面についたホコリや汚れや余分な皮脂を落とすことです。
先にクレンジングをして、洗顔は洗顔料を手や泡立てネットでしっかり泡立て、
たっぷりの泡でやさしく包み込むように洗います。
ゴシゴシしてしまうと角質層に傷がつき、そこから肌の水分が逃げていってしまうのです。
洗顔後は抑えるように水分をタオルなどで拭き取り、すぐに水分を補ってあげます。
普段から肌に水分を補うことは心がけていただきたいのですが、
肌が乾燥しているほど、日焼けは起こりやすくなるので、
そういった意味でたっぷり水分!を心がけてください。
水分補給はお肌から、というだけではなく、こまめに水やお茶を飲んで
水分を体の内側から補うことも日焼け対策のひとつなんです。

では、日焼けしてしまった!というときなのですが・・・。
日焼けをしてしまったら、なるべく早いうちに濡れタオルなどで日焼けした部分を冷やします。
日焼けは軽いやけどなので、冷やすことでダメージが少なくなります。
このとき保冷剤などで冷やすと気持ちがいいのですが、
急激に短時間冷やすよりは、濡れたタオルで少し長い時間冷やすほうが、
ほてりもとれ結果的にはコチラの方がおさまりが早いです。
というのは経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そして肌に水分を補います。
日焼けした肌はかなりの水分不足状態なんです。
保湿成分の入った化粧水(私はラベンダーのフローラルウォーターを使います)を
たっぷり塗り、さらにローションパックをします。
コットンとかでなくでも、ティッシュでうまくできます。
それからやはり、口からの水分補給です。
お肌のケアよりも先に口から水分補給をしてもいいんですよ。
簡単にできますんで・・・。
とにかく体の外からと中からの両方水分補給をすることが大切なんです。
日焼けしてしまったその日の夜はとくに、ローションパックをしてあげてください。
やはり、念入りに保湿をするに限ります。
一度お手持ちの化粧水の成分をご確認いただきたいのですが、
セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンが入っていると、保湿成分が入っているんだな、と思ってください。
もちろん他にもいろいろありますが、メジャーでわかりやすいので・・・
アミノ酸、尿素が含まれているものも吸湿力があり、よいです。
化粧水だけではすぐに肌から水分が蒸発してしまうので、
しっかり油分の入った乳液やクリームでふたをしてあげてください。
もちろん、油分でふたをしてもOKです!
例えば、ツバキ油、ホホバ油がさらっとしていて使いやすいです。
ツバキ油はヘアケアのことで以前ブログに書いたことがありますが、
サラッとしてべたつかないのでスキンケアとしても使えるんです。
これらでやさしく保護をしてお肌に水分を閉じ込めてあげましょう!

次のブログには、日焼けで痛んでしまった肌の調子を整える食事について書きたいと思います。
[PR]
by hananeworld | 2009-04-27 13:25 | 花音のオススメ