奈良・大和郡山でスポーツアロママッサージが受けられるアロマサロン


by hananeworld

アンチエイジングの化粧品

サロンで、新しくアンチエイジングの化粧品を扱うことになりました。

老化を促進させる、
・活性酸素
・遺伝子損傷
・ストレスによるホルモンバランスの乱れ
・細胞の衰え
・乾燥
といった要因を改善・予防するための有効な成分をバランスよく配合された化粧品です。

また、パラベン・エタノール・フェノキシエタノール(防腐剤)・人工香料・人工着色料・
石油系成分は無添加、です。

配合成分を調べてみても、保湿成分だとか、新しい皮膚の生産を促進させる成分だとか、
抗酸化作用だとか、本当にアンチエイジング目的の成分がギッシリ入っています。

ちょっとお値段もお高いと感じる方もいらっしゃるとは思いますが、
これだけこだわって入ってりゃなぁ・・・、と私は思っています。

ラインナップは↓
エイジクレンジングジェル・・・200ml/¥5,500
エイジウォッシング・・・120g/¥5,500
エイジローションM・(乾燥肌・敏感肌用)・・200ml/¥5,500
エイジローションC((脂性肌・ニキビ肌用)・・・200ml/¥5,500
エイジクリーム・・・35g/¥5,500
私はエイジウォッシングの洗い上がりのなんともいえないサラっと感が気に入っています。

ちょっと話はそれるのですが、
よく「無添加化粧品」と耳にしますが、
注目すべきは、「何が無添加か?」ですよね。
ただ、パラベンが無添加なのか、防腐剤が無添加なのか、乳化剤が無添加なのか・・・。
はっきり書いていない化粧品のパンフレットや、広告を目にします。
こだわっておられる方は、注意してごらんになっているようですが、
「無添加」=「肌に優しい」とすぐに考えるのではなく、
何が無添加なのか、を見極めなくてはいけないと思います。

まず油と水は普通には混ざらないですよね。
だから、乳化剤が入っていない場合は、いったいどうなってこの化粧品はできているのか。
合成ではなく天然のものが入っている場合もあります。
「合成洗浄剤無添加」の場合は天然由来の洗浄剤が入っている場合もあります。

でも、それらが入っていないことが本当によいのか、とも考えたりします。
全く洗浄剤が入っていないもので本当にお肌がきれいに洗えているのか。
防腐剤が全く入っていないものをひとつ使い切るまでに、安全な状態を保てるのか。
だから私はある程度まではこだわりますが、
ものすごく敏感にならなくてもいいのかな、と最近思っています。
私が普段使っている「生活の木」のフローラルウォーターは
去年から微量のフェノキシエタノールが添加され始めました。
それを知った当初は、ちょっとがっかりしたのですが、
ほぼ水に近い状態のものを1本使い切る1、2ヶ月の間、
今までほど保存状態を気にしなくてもよくなったのかと考えると、気持ちが楽になりました。
お肌の状態が悪化するほど添加物が入っているものはイヤですが、
微量でいい状態になるのなら、それもアリかなと思い、
そういったことをお客様にもお話しています。

かなり余談が長くなりましたが・・・
今回ご紹介した化粧品はかなりこだわって作られています。
防腐剤はは行っていないので、お取り扱いや使用期限はパッケージの注意事項を
よく読んで、最後までいい状態で使いきれるようにしていただけたら、と思います。
お肌はすごくよくなるはず!
[PR]
by hananeworld | 2009-04-09 13:11 | 花音のオススメ